インポテンツに悩む若者達

インポテンツへの健康保険適用と糖尿について

インポテンツには健康保険の適用が認められていません。
どのような原因で発症したインポテンツであれども、健康保険を使うことはできないのです。
ED治療薬は依然として1錠1,000円を超えますが、高すぎる理由には自費診療であることがあります。
10割全額負担となるので、保険適用となる薬と比べて高いのは当然です。

インポテンツと関わりの深い糖尿については健康保険の適用となります。
ただし、糖尿により発症したインポテンツには保険は使えません。
保険適用となるのは糖尿までで、それにより併発したインポテンツは自費診療となります。

糖尿がインポテンツに関係する理由は、血液をドロドロにするからです。
高血糖の状態とは、いわば血液に砂糖が溶け込んでいるようなものです。
砂糖はベタベタしますから、当然血液もドロドロになってしまいます。
ドロドロの血液は循環が悪く、毛細血管をうまく流れることができません。
そのため、陰茎海綿帯にも血液が流れにくく、十分な勃起力を確保できないのです。
糖尿に限ったことではなく、血液をドロドロにする疾患はすべて勃起力を低下させる原因となります。

勃起力が弱くなると、男性の自信も喪失されていきます。
ペニスとは男性の分身であり自信でもあります。
勃起力や精力減退とともに、急に老け込んでしまう男性は多いでしょう。
性行為の頻度が少なくなると、パートナーとの不仲の原因ともなりますし、男性不妊を招くこともあります。
性行為の回数が少ないほど、妊娠のチャンスが減るのは当然のことでしょう。
糖尿などの生活習慣病を発症している方は、健康保険を使って治療をしておきましょう。
生活習慣病を予防して健康になることが将来のインポテンツ予防になるのです。