インポテンツに悩む若者達

後発品のインポテンツ治療薬を入手

インポテンツを治療する方法としてよく用いられるのは、なんといってもインポテンツの改善に効果がある医薬品を用いた方法です。日本国内では、泌尿器科が設置されている病院に行って医師の診察を受け、処方せんを手に入れれば、調剤薬局で購入することができます。しかし、インポテンツの治療薬は公的健康保険の適用対象外となっているため、ある程度大量に錠剤を手に入れようとした場合に高額の費用が必要となります。
もし、インポテンツの治療薬の薬代を少しでも安く抑えたいと考えているのであれば、後発品を使用するのも良い方法です。例えば、世界で始めてのインポテンツ治療薬には有効成分にシルデナフィルが含有されていますが、この薬を製造・販売しているメーカーが取得していた物質特許は2013年5月に、用途特許は2014年5月に期間が満了したため、シルデナフィル含有薬は法令に基づく手続きを踏めば、どんな製薬メーカーでも製造と販売が行えるようになりました。用途特許の期間が終わった2014年5月以降、10社以上の製薬メーカーがシルデナフィル含有薬の後発品を発売していますが、先発品が50mg錠が1錠あたり1,500円前後の価格設定なのに対して、後発品は1錠あたり1,000円程度の価格設定となっています。後発品は、錠剤の形やコーティングの方法、コーティングに使用されている成分など、いくつかに先発品との違いが見られるものの、有効成分の含有量については先発品と全く一緒であるため、体内に薬剤が投与された場合の作用機序は基本的にはほぼ一緒です。
インポテンツ治療薬は先発品から後発品に切り替えると、1錠あたり数百円程度は出費を抑えることができます。もし、医師から後発品への切り替えをすすめられた場合は、切り替えた時の身体への影響を医師から聞き出した上で切り替えるかどうかを決めると良いでしょう。