インポテンツに悩む若者達

若年化するインポテンツと社会問題

男性の悩みのひとつにインポテンツがあります。これは十分な勃起が得られず満足な性行為を行えないという状態を指します。
そしてこの場合もまったく勃起が起きないという状態もあれば、勃起はしているものの、十分な硬さを得ることができない、性行為が終るまで十分に維持できないといった悩みを持つ人もあります。

かつてはインポテンツは年齢的な衰えなどによる、中高年の男性に多い症状とされてきました。
ところが、最近は20代、30代という若い世代にもインポテンツの悩みを抱える人が増えており、社会問題化しています。

改善のためには、まずはなぜこうした症状が起きるのかも知っておきたいところです。
インポテンツになってしまう原因は大きく分けて器質性によるもの、そして機能性によるものがあげられます。

まず、機能性による勃起不全がある場合は、体には特に異常がないことが特徴です。
この場合は強いストレスや不安を感じているときに起こりやすいので、原因となるストレスや不安の要素を取り除くことも大切です。

そして器質性のインポテンツの場合は体に何らかの原因があることで起こります。
動脈硬化などで血管障害がある場合もこうした症状が起こりやすいですし、交通事故などで脊髄の損傷や神経障害が起きてしまった場合にもEDになってしまうことがあります。

さらに飲んでいる薬が影響している場合もありますので、薬の影響があると感じた場合は他の薬に変えてもらうなども考えてみましょう。

中高年の人の場合も若年性のインポテンツの場合も体質の改善や治療で良い改善が得られることもあります。
体質改善にはそれなりの時間も必要ですが、ED治療薬などは即効性もありますので、こうした治療も検討したいところです。